チョークアートサンチャイルド 大阪関西教室
チョークアート サンチャイルド フェイスブック
 

チョークアート イチゴ

HOME | Q&A プロコース卒業生

関川寛子さんA:イメージしていたものが段々形になっていって完成した時。
北垣恵里さんA:いろんな色をながめながら無心で作業に集中できる事が楽しいです。
作品に直接自分の手(指)を当てて作り上げていく事も楽しく、自分の思うグラデーションになった時は幸せです。
鳴海愛子さんA:アートって改めていいな、と思いました。
福田夏子さんA:色んなパステルを少しづつ塗り重ねている間は、どんな作品になるんだろうって最初はあまり完成絵がわからず、教わるがままに重ねていたけれど、自分で指でぼかしていくうちちゃんと立体感のあるアートになっていた事、それがレッスンを重ねている事で自分でも感覚で分かってきた事。

関川寛子さんA:すごく居心地良かったです。私もアトリエを持つなら真似したいぐらいです。 南国風いいですね。私は特にトイレが好きでした。
服部由美さんA:アトリエの居心地は良かったです。駅からのアクセスもしやすかったですし、広さもGoodでした。
内田育子さんA:パンパステルやA型イーゼル等新しいマテリアルや実物を使ったりめにさせて頂く事ができ、参考になりました。

関川寛子さんA:チョークアートの様々な事で親身になって教えて頂けた事。岡野 寛子 さん
服部由美さんA:年齢も近かったという事もあり、先生というかお姉さんという感じで話しやすかったです。また、レッスンの進行ペースが同じくらいの生徒さんがいたので、良い刺激になり楽しく受講できました。自分の作品について、他の生徒さんからの感想を聞けた事が良かったです。あと、レッスン日程や展示会の案内等、丁寧に何度も連絡頂き助かりました。
北垣恵里さんA:先生がハキハキ明るくて親切で接しやすくて良かったです。説明も丁寧でちゃんと見ていてくれてわかりやすくて良かったです。アトリエもすごく素敵で偶然とはいえサンチャイルドようこ先生に出会えて良かったです。
鳴海愛子さんA:教室の雰囲気がとてもよく、毎回楽しく通えました。

北垣恵里さんA:グラデーションを作るためのチョイスした色の配分や、どう表現していくかが難しかったです。
服部由美さんA:最初の頃描けるモチーフが少ない為これは描けるけどこっちは描けないとか、描ける範囲が少なかった事。また、友達からリクエストされたモチーフが自分では描けない時。
鳴海愛子さんA:細かい表現がやりにくいです。やり直しがきかない点。

福田夏子さんA:きっかけは趣味程度の気持ちだったけど、せっかく始めた事なので、落ち着いたらインストラクターコースまで受けて、自分で教室が持てるようになりたいです。それまではフリマ等で活動していこうかと思っています。